姉はヤンママ授乳中in実家&熱海(続編)全話ネタバレ

姉はヤンママ授乳中in実家&熱海を1話から無料でネタバレ

*

姉はヤンママ授乳中in熱海編【第1話】ビキニ姿で弾けるアイカ!家族でリゾートへ…ネタバレ

   

姉はヤンママ授乳中in熱海編 第1話のあらすじ

姉はヤンママ授乳中in熱海編は、in実家の結末を迎える少し前の話という設定です。

拓也が商店街の抽選で最大7名までOKの熱海旅行券を当てる。

赤ちゃん連れも大丈夫と分かり、拓也、アイカ、両親、ダイスケ(アイカの夫)、ダイキとユースケ(アイカの子ども)の7人で熱海旅行に行くことに。

久しぶりの旅行なのか張り切るアイカ、そして、ピチピチの水着姿で弾ける姉の姿に、弟の拓也の欲情は募っていき

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編 第1話の無料ネタバレ

「かーちゃん待ってよー」

 

「待たん!」

 

「アタシが1番ノリだぁ!」

 

水着姿で弾けるアイカ。

色々な意味で、とても2人の母親とは思えないはしゃぎ具合だ。

 

家族7人は今、日本屈指のリゾート地「熱海」へと来ている。

どうして熱海に旅行することになったのかというと…

 

 

数日前、

 

「大当たり~!」

「出ました!特賞!豪華熱海旅行券!」

 

拓也が抽選で熱海旅行券を当て、家族7人全員で旅行に行くことになったのだ。

 

 

 

「なかなかいい宿じゃないか」

 

「んじゃさっそく海行ってきまっす!」

 

宿に到着するとすぐにアイカは海へと向かっていく。

「次男よろしく♡」

 

 

 

本音を言えば、拓也はアイカと2人で熱海旅行に行きたかったのだった。

 

「横失礼しまーす♡」

ビーチで1人テンション低く座っていた拓也の隣に、遊び疲れたアイカが戻ってきた。

 

 

「あいつらほんとタフだよねぇ」

アイカが抜けた後もずっと遊び続けるダイスケとダイキ。

 

「ってことは今俺ら2人きり…」

拓也は悶々とセリフを吐く。

 

 

「ねぇねぇタク~」

「サンオイル塗ってぇ♡」

 

水着の紐を外し、アイカはレジャーシートの上にうつ伏せになりながら拓也にお願いする。

 

拓也は言われた通りにオイルをアイカの身体に塗り始める。

しかし、アイカの豊満なお尻、水着が食い込んで見える筋に襲いたい衝動に駆られる。

(このケツ揉みしだいて後ろからブチ込みてぇ!!)

 

 

「ついでに飲み物も買ってきて♡」

 

「何がついでだよ!」

口では反抗しつつも、暴走しそうな欲望を抑えるため、拓也はジュースを買いにその場を離れるのだった。

 

 

 

「ねぇねぇ彼女~」

 

「どこのホテル泊まってるの?」

「俺たちと遊ぼうよ」

 

ガラの悪そうな男たちがアイカをナンパし始める。

 

「え、どうしよっかなぁ」

どうやってその場を凌ごうか考えるアイカの目線に、パシりから戻ってきた拓也が入る。

 

アイカは拓也の腕に抱きつくと、

「ごめーん、こういうことなんで♪」

 

アイカは上手い具合に断りを入れたのだが、

 

「え、こんなナヨナヨしたやつが?」

「俺たちの方が絶対いいって!」

「ほら行こうぜ!」

 

男たちは、アイカの腕をつかんで強引に連れて行こうとする。

 

(お、俺がなんとかしないと…!)

拓也が激しく焦って、慌てて何とかしようとしたその時だった…

 

 

「俺の女になに手出してんだ!?」

鬼の形相で、ダイスケが男たちを追い払ってしまう。

 

 

「とーちゃん、早く続き!」

「おう!待ってろ!」

 

拓也はその場にアイカと2人で取り残される。

男としての格の違いを見せつけられ、惨めな思いに落ち込む拓也。

 

(もう、しょうがないヤツだな…)

 

「ねえタク、あっちで少し泳ごっか?」

アイカは、弟のタクヤを誘うのだった。

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編 第1話の感想

ついに待ちに待った「姉はヤンママ授乳中in実家」の続編(スピンオフ)が配信となりました!

予告されてからずっと楽しみにしていたのを今でも覚えています。

「姉はヤンママ授乳中in実家」でもアイカの水着姿で興奮した!という方なら、この熱海編も神作になる期待が膨らみますよね。

 

第1話ではどうして熱海に旅行することになったのか経緯と、アイカのエロすぎる水着姿が話の中心となりました。

ビキニが食い込んで筋が見える絵がヤバかったです。

次話の2話では母性溢れるアイカが、落ち込む拓也を誘って2人きりで海へと入っていきそうです。

どんな変態プレイを姉弟で見せてくれるのか、楽しみですね!

 - 姉はヤンママ授乳中in熱海編 ネタバレ